血圧に効くサプリなんかある?おすすめはどれ?

血圧サプリの働きは?

 

血圧対策を始めてから下がるまでの期間はどれくらい?

 

血圧博士

まず、上がった血圧を下げるためには長期間を要することを念頭に入れておく必要があります。僅か1、2日の努力だけでは効果を得ることは難しく、根気よく、まずは半年間ほど頑張るよう心がけましょう。中には、自分はまだ基準値よりも少し高いぐらいだから、もう少し高くなったら改善し始めればいいと考えている方もいるかと思います。しかし、その考えに固執してしまうことは危険を招くことになります。

 

血圧というのは高血圧状態が短ければ短いほど治りやすくなりやすいのです。合併症の危険性は高血圧状態が長いほど高まります。またそれだけでなく、血圧を下げるのにも長い期間が必要となってしまいます。

 

少しでも正常値を上回ってしまったときには、なるべく早くに改善策を打つべきだと思います。ある日突然血圧が高くなるわけではありません。腎臓病、糖尿病、膠原病と言った病気を患っていないなら、日々の生活習慣が血圧の値を徐々に上昇させていきます。

 

このように血圧の上昇に要する期間が長いことを考えれば、下げる際にもそれに応じた時間が必要となることも理解できるかと思います。降圧剤による治療も可能ですが、あくまでもその効果は一時的なものであり、根本的な解決にはつながりません。

 

日常生活の改善が、薬に頼らなくとも基準値を維持するためには重要となります。適度に運動を行うことが、血圧の改善を形とする上では必要となりますが、効果の出にくさが多くの方の心を挫いてしまっているようです。また、減塩食のお供に血圧サプリはいかがでしょうか。効果的に血圧対策が可能です。

 

そういう方は、趣味の一環として、楽しんで取り組めるような運動を探してみてください。血圧を下げるためには色々な対策が必要となってきますが、まずは自分が無理なく続けられることを意識して行ってみると、良い結果に繋がるのではないでしょうか。

 

高血圧になる原因は?

 

病気

高血圧の人と、高血圧でない人がいる理由について考えてみましょう。自分が高血圧となっている原因が付き止められなければ、その改善方法を決定することはできません。そのため、まずは原因を究明することから始めましょう。

 

高血圧患者は大きく、本態性と二次性の二つに分類することができます。本態性とは端的に、原因の詳細が掴めない状態のことを指します。

 

しかしながら、ただひとつ、「遺伝」が大きく関係しているということだけは判明しています。親、あるいは家族に高血圧の人がいる場合は、生活習慣に原因があることも考えられるため、そのことを理解しておくことが大切です。また、大人になって初めて、健康診断の際に自分が高血圧だということを知る方も多いようですが、その場合でも遺伝が原因となっていることが考えられます。

 

もちろん、遺伝が原因のすべてというわけではありません。生活習慣などにおいて、複数の要因が重なり合うことで高血圧が引き起こされている可能性もあるということです。ひとつ例を挙げると、揚げ物など高カロリーな食事を頻繁に食べる家族の場合、高血圧の原因は太り過ぎ、いわゆる肥満にあることが予想できます。

 

家族全員がそういう傾向にある場合は、食生活の見直しをしてみると良いでしょう。一方で二次性は、腎臓病、糖尿病、膠原病と言った病気を患っていることが引き金となり高血圧に繋がっている症状のことを指します。詰まる所、二次性高血圧を治す上では、疾患を治すことこそが根本的な解決への足掛かりとなるということです。

 

本態性に関しては高血圧の要因が不明瞭であることから、自分の生活習慣の見直しが高血圧改善の最善策となるでしょう。具体的には、摂取する塩分量を抑えたり、運動をこなしたり、あるいは肥満予防や、その改善などを行うことが大切となります。

 

高血圧に一度なってしまった場合、基準値へ戻すことは困難とされています。少しでも気が付くことがあったなら、高血圧にならないためにもその対策を行動に移していくよう心がけるようにしましょう。

 

便秘対策の腹筋運動

 

便秘対策に適度な運動が効果的といえるでしょう。便秘の原因には腹筋の衰えから起こる弛緩性便秘が多くを占めています。腹筋の衰えによって腸から肛門へと便を運ぶ蠕動運動が弱まり、排便時のいきむ力も弱まるから便秘へと繋がってしまうのです。

 

それではどのように腹筋を鍛えればよいのでしょうか。皆さんは腹筋運動というととてもキツイ辛いものとイメージするのではないでしょうか。ただ負荷をかければよいというものではありません。ここでは効果のある正しい腹筋運動を紹介します。

 

基本的な腹筋運動
1 仰向けで膝を立てましょう。
2 両手は頭の後ろで組み、ゆっくりと上半身を起こしましょう。
3 腹筋の意識を持っていき行いましょう。
4 元に戻るときにもゆっくり戻しましょう。
5 15回〜20回を1セット、休憩しながら2〜3セット行いましょう。
あくまでも自分のペースで行うことが大切です。無理をして続かないよう無理をせず毎日続けることが大切です。

 

脚を利用する腹筋運動
1 仰向けで膝を立てましょう。
2 下腹に手を置いて、両足を少しだけ上げて5秒間キープしましょう。
3 ゆっくり元に戻します。これを10回行いましょう。
こちらも自分のペースで行い、無理は禁物です。また腹筋に意識を持っていくことも大切です。

 

何も用意する必要がありませんから是非今日から始めてみてはいかがでしょうか。

 

こちらも効果的?>>>便秘サプリの比較

 

 

更新履歴